環境

群馬にもある環境を守るための浄化槽

環境を守るためには必要不可欠な浄化槽

水は生活をしていく上で、なくてはならない存在なのですが、我々が利用している水は、ダムなどの貯水池から給水管を通って各家庭へ水を提供しています。
使用した水は排水管を通り、浄化槽で水をきれいにしてから排水されます。

浄化槽には各家庭などから流れてきた汚水を、個体を液体に分類する働きがあります。
さらにきれいな液体だけを消毒し、放流されていくのです。
汚い固形物は浄化槽の中に溜まっていく仕組みになっています。

当然汚い固形物が溜まれば、年月の経過とともに浄化槽もどんどん汚れていきます。
そのため、浄化槽は定期的な清掃が必要になるのです。

浄化槽には合併型と単独型があるのですが、どちらも1年に1回以上は行うように定められています。
ただし、全ばっき型と呼ばれている単独浄化槽の場合には、半年に1回以上は清掃を行わないといけません。

群馬県で浄化槽の清掃を行っている会社

浄化槽の清掃は必ず必要になるので、どこの都道府県にも浄化槽の清掃を行っている会社が存在しています。
もちろん群馬県にも浄化槽の清掃だけではなく、保守点検も行っている橋本清掃株式会社という会社があります。

昭和26年に創業者会社なので、かなり長く営業していることから、浄化槽の清掃の大ベテランだと言えます。
いくら清掃とは言っても、浄化槽の清掃は地方自治体の許可がなければできませんし、保守点検も必要不可欠となっています。

浄化槽にはたくさんの汚泥が溜まってしまうので、引き抜き作業というのも必要になりますが、もちろん橋本清掃株式会社であれば、汚泥の引き抜き作業も行っています。
浄化槽の清掃や保守点検はそう簡単に行える作業ではなく、高い知識と豊富な経験が必要だと言えるでしょう。

そのため、橋本清掃株式会社には浄化槽の清掃や点検に関する資格を保有している人もたくさんいます。
安心して任せられる会社だからこそ、長い間営業することができたのだと言えるでしょう。