イベント

イベントで注意したいこと

東京のイベントはどれも素敵

東京で開催されるイベントは、とても素敵なものばかりです。特別なライトアップや、大人気アニメのコラボイベントも開催予定。さらにプロサッカーチームが主催するイベントも、予定されています。
ファンとしては何が何でも足を運びたいところ。しかし今は、お出かけが非常に難しい状況です。実際に愛知で開催されたライブではクラスターが発生。世間的にも大炎上し、大騒動になったほどです。ライブの二の舞を踏まないためにも、徹底的に感染対策に乗り出しましょう。

主催者側の対応を見る

まず見ておきたいのは主催者側が進めている対策です。大きいイベントだから問題ないと思われるでしょうが、大きな間違いです。大掛かりな格闘技試合を主催した人は、お湯を飲めば大丈夫という根拠のない持論を展開していました。もちろんデマです。
そもそも専門的な知識を持っている医療関係者ですら、感染症についてはあまりわかっていない状態です。万が一のことがあっても対応できるかどうか、密にならないように対策を取っているかどうかも見ておきましょう。

体調悪い時は休む

また体調がよくない時は、思い切って休むことも必要です。体調が悪いからとはいえ、感染症にかかっているとは限りません。かかっているかどうかは、検査してみないとなんとも言えないのが正直なところです。
しかし言い換えたら「感染症にかかっている恐れがある」ということにも、繋がります。楽しみにしていたイベントを休むのは、本当に辛いことです。でも無理に参加すると、もっと辛いことが待ち受けています。

マスクとうがい手洗いはしっかりと

そして忘れてはならないのが、マスクやうがい手洗いです。一時期「マスクなんて効果がない」と、言われてきました。マスクをしていても、感染する時は感染します。しかし世界的に見てみると、マスク習慣が根強い日本での感染者数は抑えられています。一方マスク習慣が根付いていない国の感染者数は、かなりのものになっていました。
少々面倒なことではありますが、面倒なことの先にあるのは希望です。