車輌賃貸について

車輌賃貸とは?

車輌賃貸とは、どういうものでしょうか?レンタカーと何がどう違うのでしょうか?リースの違いについても、ハッキリしていません。
そこで車輌賃貸についてや、レンタカーとリースの違いについても探ってみました。

車輌賃貸とは車の賃貸サービス

車輌賃貸とは、自動車を賃貸するものです。乗用車・バン・トラック、バスやタンクローリーの賃貸も受け付けています。メリットとしては、気軽に車を選ぶことができる点でしょう。
車を購入しても、長期間使うとは限りません。車の使用期間は、およそ10年前後と言われています。10年も使う予定があるのなら、賃貸よりも購入するのがベストでしょう。しかし使用期間が5年前後だとしたら、逆にもったいないです。車を購入する場合は、税金・自賠責保険・車検も必須です。でも車輌賃貸ならば、業者にもよりますが税金・自賠責保険は実質無料。万が一事故に遭ったとしても、過失ではないと判断されたら業者側が負担してくれるそうです。なお車輌賃貸には2年の契約がありますが、希望者には途中解約が可能となっています。

レンタカーの違いは?

車を貸す点でいえば、レンタカーも同じでしょう。レンタカーと車輌賃貸の違いは、ナンバーそのものにあります。
レンタカーの場合、ナンバーには「わ」「れ」が使われています。ナンバーは気にならないというのならば、レンタカーでも良いでしょう。しかしナンバーにこだわりがあるのならば、「わ」「れ」ナンバーはかなり恥ずかしいものです。でも車輌賃貸であれば、好きなナンバーをつけることが可能となっています。

カーリースとの違いは?

広い目で見てみると、カーリースも一種の車輌賃貸に見えます。リースの違いは料金システムそのものにあります。維持費用と車両本体の値段をリース月数で割ったのが、リース価格の大雑把な仕組みです。ちなみに車輌賃貸は、月々の支払いが一定となっています。
千葉には車輌賃貸を行っている所が何軒かあるそうです。近々車の購入を考えているのなら、賃貸利用も検討してみてはいかがでしょうか。