制作するサテライトサイト用ドメイン | サテライトサイトを作ろう

menu

制作するサテライトサイト用ドメイン

HOME » サテライトサイト制作 » 制作するサテライトサイト用ドメイン

サイトを制作するとき、大事なのがドメインですね。
オウンドメディアを作るときは、なるべく独自ドメインを取ることがよくおすすめされます。
これならURLの一部をユーザーが自分で決められるため、自分のサイト名やブランド名をURLに含められ、独自色を出せるためです。
サイト運営をするときに向いているこの独自ドメインは、サテライトサイトを作るときにも同じくおすすめされます。

大きな理由の1つは、本命のオウンドメディアを作るときと同じです。
その独自ドメインを取ることで、そのサテライトサイトも独自色を出せ、高品質なサイトだと判断されやすくなります。
サテライトサイトは高品質なサイトを作れるほど、SEO効果も高くなりますから、その意味で独自ドメインを取得するのがおすすめです。

これとはまた別に、それが過度なSEO対策だと判断されないように、ドメインを独立させるという意味でも、これがおすすめとなります。
現在Web上でSEO対策をするとき、狙ったサイトを上位表示させるためだけの過度な施策は、検索エンジンからあまりいい評価を受けません。
むしろNGの判断をされ、罰則を受ける可能性もあります。
サテライトサイトを作るときも、それが過度なSEO対策と思われないための工夫が必要で、そのためにはドメインを独立させた方が安全です。
独自ドメインを取得すると、そのサテライトサイトと本サイトは独立したサイトとなるため、本当は本サイトのSEO対策のために衛星サイトからリンクを張ったとしても、それが過度な施策だとは判断されにくくなります。

これがもしドメインを独立させない場合は、その限りではないのです。
ドメインが独立しないのは、本サイトで使っている物のサブドメイン、サブディレクトリを使ったときですが、このときはドメイン単位でつながりがあるため、本サイトと衛星サイトにはつながりがあるものと判断される恐れがあります。
管理者が同じと思われる可能性もあり、衛星サイトから本サイトへ張ったリンクが、SEO対策を強く意識した施策と判断され、罰則を受ける恐れも出てきます。

もちろんドメインを独立させなかったからと、即座に罰則の対象になるわけではありません。
罰則を受けるかどうかは、そのサテライトサイトの品質や設置するリンクの数などにもよるのですが、少なくともドメインが独立している方が、罰則を受けにくくはなります。
そのためサテライトサイトを作るなら、本サイトとの関係性を疑われないよう、独自ドメインを新しく取得するのが、なるべくおすすめされるのです。
自分でサテライトサイトを制作するときの注意点として覚えておくといいでしょう。