サテライトサイト制作事例 | サテライトサイトを作ろう

menu

サテライトサイト制作事例

HOME » サテライトサイト制作 » サテライトサイト制作事例

自分でサテライトサイトを制作した事例として、どのようなものがあるでしょうか?
ある事例では、サテライトサイトを1つだけ作っている事例になります。
このサイトから本サイトへと送っているリンクは1本だけと、リンク数だけを見るとあまり強い施策ではないように見えるかもしれません。
ですが、このサイトを作ったことをきっかけに本サイトの表示順位は高まっており、きちんと効果があったという事例です。

サテライトサイトの数を絞っているのは、制作から管理まで、すべてを1人でやっているためです。
サイトの管理者は基本的に自分で管理や制作をする方針なのですが、効果のあるサテライトサイトを作るには品質が大事ということで、サイト数は1つに絞りました。

その代わり、品質は徹底的にこだわっています。
もはやそのサテライトサイトは本サイトとしても通用する品質になっており、アクセス数も非常に多いです。
そのため衛星サイトに張ったリンクを通して、本サイトへと流れるアクセスも多く、これのおかげでもアクセス増加につながったとのこと。
なお、この効果を維持するため、サテライトサイトも週に2〜3回は更新されています。
これの効果でサイトの評価も高くなり、衛星サイトから張ったリンクの効果で、本サイトの表示順位を高められたという事例です。

次は、基本的に個人で制作や管理を行っているものの、もう少し扱っているサイト数が多く、合計5つのサテライトサイトを運用しています。
もちろん品質はどれも高めで、手を抜いた作りにはなっていません。
この高品質な5つのサテライトサイトの効果で、本サイトの表示順位は非常に高くなり、ときには検索順位の3位圏内に入ることもあるくらいです。

個人で複数の高品質なサテライトサイトを作るため、この事例では部分的に外注の力を借りています。
サイト作りや管理の手間をすべて外注しているのではありません。
たとえば更新用の記事数ページだけを外注するなど、部分的に自分以外の力を使って、サテライトサイトの制作や管理をしているのです。

ただ、外注したコンテンツが特定のサイトに集中しないよう、分散はされています。
管理者以外が作ったコンテンツは、管理者が自分で作ったときほどサイトの意図が反映されないためです。
そのため重要度が高いページのコンテンツは管理者が自分で、重要度が低いコンテンツは外注でといった使い分けにより、作業量を減らしつつ、高品質なサテライトサイトを複数実現したという事例です。
サテライトサイトを自分で制作した事例として、このようなものがあります。